生活が楽しくなる!パソコンとプリンターを使った楽しい印刷作業

名刺やチラシを印刷する

パソコンとプリンターがあると、自宅でさまざまな物を印刷することができます。ちょっとした文書や年賀状、写真などが定番ですが、名刺やチラシと言ったアイテムも印刷が可能です。名刺の場合は、専用の用紙が売られていますし、テンプレートギャラリーなどもありますから、簡単に作成できます。チラシも、無料のテンプレートがありますから、一からデザインをするのが厳しい、と言う人でも作成することができて、とても便利です。

うちわを作ってプレゼント

パソコンとプリンターを使用して印刷物を作成する楽しみは、まだまだあります。とてもユニークな物がうちわです。うちわを自作する専用のキットと言う物があり、これを使用すれば、自分で簡単にうちわを作ることができます。専用用紙に自分でデザインしたものを印刷して、それを骨組みに貼りつけるだけです。言葉を入れたり、画像を入れたり、色々なタイプのうちわをつくることができますが、オリジナリティのある楽しいアイテムですから、プレゼントにも最適です。

オリジナルTシャツの作成

オリジナルTシャツ、と聞くと、専門業者への依頼を想像する人が多いでしょうが、自分で簡単に作れてしまうものです。家電量販店などでTシャツ転写紙と言うのが売られていますので、まずはこれを購入します。そして、お気に入りの写真などをこの紙に印刷します。あとは、アイロンを使用してTシャツに押し当てて行けば完成です。多少のコツはありますが、初心者の人でも十分作成できるレベルのもので、少ない手間でオリジナリティのあるTシャツが自宅で作れるのは嬉しいものです。

自分の利用目的に必要な性能を満たしているなら、中古パソコンは安価でコストパフォーマンスにも優れています。

どんどん便利になる!クラウドサービスのメリット

データファイルを大量に保存できる

スマートフォンやパソコンでデータを保存していると、段々と保存容量が減ってきますし、基本的にその端末でしか閲覧できませんよね。クラウドサービスを利用すると、写真や動画、音楽ファイルを個人のストレージサーバーにたくさんアップロード出来ますので、その分スマートフォンやパソコンの容量を空けることができ、貴重なメモリを有効活用できるメリットがあります。追加料金やプロバイダーのサービスを利用しているとストレージ容量も増やせるので便利ですよね。

多人数でデータを共有できる

クラウドサービスを利用して保存した写真や動画、文書などは、閲覧権限の設定を行えば多人数で共有できることも可能です。サークルの仲間で旅行の写真を共有したり、家族や親族に閲覧権限を与えて、子どもの写真をいつでも見れるようにするなど、離れていてもリアルタイムで同じファイルを利用することが出来るので便利ですよね。簡単な設定だけで、いちいち写真を送らなくても良いので、グループで写真を共有するには最適なサービスと言えるでしょう。

複数のメディアや用途で利用できる

クラウドサービスで利用できるファイルは、画像データや動画データだけでなく、ビジネス用途でも使えるドキュメントデータや音楽ファイル、タスク管理サービスや、メール管理など、扱えるファイルはどんどん増えています。企業においてもクラウドサービスは必要不可欠となっており、同じファイルを離れた支店間で同時編集したり、画像データの修正や加工も複数人で同時に修正できるシステムなども開発されています。今後の利便性向上がますます期待できますよね。

社内でのネットワークを上手に利用したい場合には、クラウドサービスを専門業者に導入してもらうのは良い方法です。ファイル管理がよりスムーズになります。

ojt研修をやらない管理職には3タイプあります

部下に教えるべきものを持っていない上司

ojt研修をやらなければならないということは知ってはいても、教えるべきものを持っていない上司には、会社も大変困ってしまいます。せっかく希望に燃えて入社しても、教えてもらえなければ同僚からは差がついてしまうし、本人は将来が見えてこないのでやる気を失ってしまいます。部下もかわいそうですが、組織全体の立場からみても社員が育たないので困るのです。このような上司は知識や技能が足りないので、すぐにお引き取り願うしかありません。

教えると自分の地位が脅かされるのでやらない管理者

部下を育てるということは自分の地位が危なくなるので、特に厳正な能力主義をとっている企業においては、確かに問題があります。アメリカの企業ではojtをやりたがらない上司が多いのが現状です。ところが、日本の企業では、部下がある日突然自分の上司になるケースはあり得ません。仮に、あったとしても直接の上下関係が発生しないような気配りがされるものです。それでもojt研修をやらなければ、職務放棄であり、その地位から外れてもらうべきなのです。

口うるさい上司だと思われるのがいやなのでやらない

ojt研修をやらない上司のタイプで一番多いのが、何だかんだ言って口うるさい上司だと思われたくないからです。人に何かを教えるということは、手取り足取りとマンツーマン教育になります。本当に教えようと思えば、口うるさくなるのはあたりまえで、時には本気になって怒ることもあるでしょう。それが嫌なのと、そこまでして部下に時間を費やすることが面倒だと思っているのです。教えている時間だけ、自分の本来の仕事はができないのですから。

社員研修と一口に言っても、就業時間内に自社の会議室を使って数時間で行われるものや、外部施設で社外講師の話を聞くものなど、様々なスタイルがあります。