まさに縁の下の力持ち!ビジネスシーンの大事なワンピースである内勤の仕事について

企業の「仕事」とは。主要となる2つの柱

利益を生み出す集合体としての企業。雇用されている人達が一つの目的に向かって様々な職種に従事している形態となっていますが、大きく分けてその仕事には2種類あります。他の企業と綿密な打合せ、相談、提案などをするために積極的に外回りを行う「営業」という仕事。それに対応するような形で、時には営業のフォロー、また時にはオフィス内で他企業との打合せなどもする「内勤」という仕事。基本的に企業はこの2種類の職種に所属する人達によって運営されています。今回はその中でも「内勤」という仕事を色々と分析してみましょう。

内勤の仕事の特徴を考える

内勤の仕事は基本的に一日中オフィスの中で様々な業務をこなしていきます。その中心となり得るのは、パソコンです。エクセルやワードなど、あらゆるソフトを駆使して仕事の形を作っていきます。もちろん、ある程度スキルを持っているほうが効果的に仕事をこなせますが、全くの未経験だとダメかと問われれば必ずしもそういった事はなく、徐々に慣れていく事で内勤の一戦力になり得ます。パソコンの前で仕事をするだけなので1人でひたすらこなしていけば大丈夫だ。そう考えがちですが、もちろん内勤でも他の方々とのコミュニケーションは大事です。独りよがりのミスをすれば全体に迷惑がかかります。たとえ小さなミスでも情報を共有し連携を密にとることで結果的に内勤という仕事が成り立つのです。

営業との連携により会社の利益へつなげる

独りよがりのミスが致命的なものになり得るのと同様に、内勤全体でも営業の仕事を無視した独善的な仕事をすることは企業の不利益につながります。この部分で連携がとれていないと交渉先の企業に迷惑をかけることにつながり、契約の中断、終了という最悪の結果を招きかねません。お互いをフォローし合い、尊重し合うことがひいては企業全体の利益へとつながるのです。以上見てきたように、内勤はただパソコンの前で仕事をしていればいい、というだけのものではなく、同じフィールドで仕事をしている様々な人達と密な連携をとることで始めて企業の利益へとつながる、ということをしっかり自覚しなくてはいけません。内勤は「縁の下の力持ち」でもしっかりと企業に貢献しているのです。

運用監視業務は需要のある仕事として人気もあります。運用を監視する業務ですので、特別なスキルや経験などは必要ありません。

インターネットが無くては生きていけない時代

インターネットを利用に役立っている

殆んの家庭ではインターネットを利用する時はサーバーを使用しています。殆んの会社もサーバー使用していますが、コンピューター会社は自社制作によるサーバー開発を進めていると聞きますよね。インターネットが繋がりやすい環境とそうでない環境の格差があるのも事実です。インターネットを繋ぐためには、パソコン、スマホなど繋ぐ機器でもサーバーを使用しないといけない時代から、今開発が進んでいるのが無線でも繋ぐ製品が重要になりつつ、レンタルでも取り寄せが需要になりつつあります。

何処にいても、パソコン持っていれば

世の中はパソコンが主要で、仕事でも需要が多くなっています。今では、パソコンが無くては仕事が出来ないと言っても過言ではないでしょう。インターネットを使用するにあたり、価格も重要になっており、サーバーをレンタルするにも価格が問われています。コスト削減が最優先課題の会社にとっては、安く利用できるサーバーを探しています。会社はインターネットをずっと繋いでいると、電気代なども見えない物までも抑えておく必要があります。

インターネットはサーバーのおかけで

インターネットを繋いでいる会社はサーバー会社も無数に存在するので、レンタルや機器ごと契約すると、メルアドや会社のサービス提供も出して来ます。サーバー機器をレンタルしていますが、魅力的なサーバー機器が出てきたら、興味ある方に飛びつくのも無理はないので、最終的に判断するのは有権者自身になります。インターネットを繋いでいるだけに、もっと精度が高い機器を使用したくなるのは当然です。特に長年使用していると、課題が見えてきます。

レンタルサーバーの利用はサーバー管理の手間が省ける利点がある一方で情報漏洩のリスクもあります。そのため、事業を長く続けて実績を積んでいる業者を選ぶことが安全に利用するための心得です。

生活が楽しくなる!パソコンとプリンターを使った楽しい印刷作業

名刺やチラシを印刷する

パソコンとプリンターがあると、自宅でさまざまな物を印刷することができます。ちょっとした文書や年賀状、写真などが定番ですが、名刺やチラシと言ったアイテムも印刷が可能です。名刺の場合は、専用の用紙が売られていますし、テンプレートギャラリーなどもありますから、簡単に作成できます。チラシも、無料のテンプレートがありますから、一からデザインをするのが厳しい、と言う人でも作成することができて、とても便利です。

うちわを作ってプレゼント

パソコンとプリンターを使用して印刷物を作成する楽しみは、まだまだあります。とてもユニークな物がうちわです。うちわを自作する専用のキットと言う物があり、これを使用すれば、自分で簡単にうちわを作ることができます。専用用紙に自分でデザインしたものを印刷して、それを骨組みに貼りつけるだけです。言葉を入れたり、画像を入れたり、色々なタイプのうちわをつくることができますが、オリジナリティのある楽しいアイテムですから、プレゼントにも最適です。

オリジナルTシャツの作成

オリジナルTシャツ、と聞くと、専門業者への依頼を想像する人が多いでしょうが、自分で簡単に作れてしまうものです。家電量販店などでTシャツ転写紙と言うのが売られていますので、まずはこれを購入します。そして、お気に入りの写真などをこの紙に印刷します。あとは、アイロンを使用してTシャツに押し当てて行けば完成です。多少のコツはありますが、初心者の人でも十分作成できるレベルのもので、少ない手間でオリジナリティのあるTシャツが自宅で作れるのは嬉しいものです。

自分の利用目的に必要な性能を満たしているなら、中古パソコンは安価でコストパフォーマンスにも優れています。