ネットワーク監視は24時間体制で!常に人の目で監視している

ネットワークは人為的働きが必要である理由

インターネットを利用するためには、様々な機器が必要ですが、全て機械のみで行っている訳ではありません。ネットワークは、365日、24時間体制で監視され、その監視は人の目で行っています。特に、サーバーを提供している企業は、必ず、ネットワーク監視者がいます。実際にサーバーを利用する業者は、その内容は様々であり、一時的に利用できないトラブルが生じれば、大きな損害を被ってしまう可能性がある事も理由にあります。利用を他社のサーバーに移ってしまうリスクもありますよね。

ネットワーク監視者の仕事内容とは

ネットワーク監視者とシステムエンジニアを混同される人もいますが、ネットワークを監視するのは、ネットワークエンジニアです。ネットワークエンジニアの仕事は、機器の接続、監視と保守が主な仕事であり、ソフトと呼ばれるプログラムには携わりません。トラブルが生じた場合は、マニュアルに沿って処理をする方法と、システムエンジニアに連絡を行ない対応する方法があります。この判断が誤れば、大きな損害が発生するため、快適なインターネットをユーザーに提供する意味で言えば、心臓の働きを監視する大切な仕事内容と言えますね。

ネットワークエンジニアになるためには

ネットワークエンジニアが行う仕事には、資格は必要ありません。ただし、資格は安心と、信頼を与える物であり、サーバーを提供する企業も、実際にサーバーを利用する企業も求める内容です。大切な資格は二つあり、一つは、ネットワークスペシャリストと呼ばれる国家資格、もう一つは、シスコ技術者認定試験と呼ばれている資格です。後者の資格は、シスコ社と呼ばれるネットワーク機器を製造しているメーカーが行っている内容です、多くの企業がシスコ社の機器を扱っているため、大切な資格の一つになります。企業に入ってから学ぶ事も可能ですが、就職前の学生であれば、学生時代に取得しておく事が大切と言えるでしょう。

ネットワーク監視は重要な仕事で、ネットワークに異常があった場合にはすぐに対応する事が出来るようにします。