大金を扱う企業は注意!ネットワーク監視で顧客を守りましょう

貴金属を扱う質屋などはネットワーク監視を徹底する

大手企業が扱うネットワークほど強固なセキュリティがある訳でもないが、大手企業にも負けないぐらい一度の取引の金額が大きな事業者も居るものです。特に質屋などは一度の取引金額が大きなものですから、そこに集まる顧客の個人情報を求めるネットワーク犯罪者も珍しくありません。だからこそ質屋などがネットワーク運営をする時には、顧客の情報を狙われる立場なのだという事を意識して、早期にネットワーク監視を始める様にしましょう。

ハウスメーカーが扱う情報も狙われています

高級住宅を扱っているハウスメーカーは、その住宅を購入していかれる顧客が金持ちばかりだという点に注意しなければいけません。富裕層の個人情報はいつでも狙われているものであり、特に住所などの情報を空き巣に販売している業者まで居ます。高級住宅を販売しているハウスメーカーなどは特にネットワーク攻撃を受けやすいものであり、社内ネットワークから情報を盗み出そうとする人間も多いです。ネットワーク監視の重要性を意識して、顧客の情報を守る様にしましょう。

警備会社も顧客の情報を盗まれない様に注意を

住宅の警備などを行う企業であったとしても、ネットワーク関係の防御まで完璧とは限りません。どういった顧客と契約をしているのかという情報を求められているだけでなく、警備が行われる時間帯の情報まで盗もうとする人間が居るのです。それによって警備の穴を見付け出して、空き巣のサポートを行うという事も有り得ます。住宅の警備と同じぐらい、ネットワークの警備にも力を入れる為に、ネットワークの監視システムを導入しておきましょう。

安全に稼動をさせる為にはネットのトラフィックの使用を可視化出来るフロー監視のツールが最適だといえます。