賃貸でペットを飼うためには?借りる前に知っておきたい3つ

猫が飼える賃貸は少ない

賃貸マンションや賃貸アパートでもペット可の物件はとても沢山ありますよね。ペットブームによって多くの人が犬や猫を飼うようになっています。そのためペットを飼いたいのでペット可物件に引っ越しを考えている人も多いでしょう。しかし実際にペット可物件を探してみると、案外猫が飼える物件が少ないことに気がつくはずです。猫は犬に比べて爪とぎをする習慣があるため、壁紙などをはがしてしまうなど破損が大きいと考えられているからです。

敷金や家賃が増える事がある

犬や猫が飼えるペット可の賃貸マンションやアパートでは、ペットを飼っていない人よりも敷金や毎月支払う家賃が高くなる傾向にあります。これはペットが壁紙を剥がしたり床に傷をつけてしまう可能性がとても高いからです。そのため退去後の修繕費がかかってしまうため敷金が多めに請求されてしまうのです。中にはペットの数だけ敷金を増やすところもあるのですよ。また敷金だけではなく毎月の家賃が2,000円ほどプラスになることもあります。

ペット不可賃貸で飼った場合は?

近年のペットブームによってペット可物件の数がとても増えていますよね。しかしペット可物件の場合は家賃や敷金が多くとられてしまうことが多いため、内緒でペット不可物件で飼っている人もいるのです。もし飼ってはいけない物件でペットを飼った場合にどうなるのか不安に思う人も多いでしょう。ペットを無断で飼っていることが知られてしまった場合には最悪部屋を追い出されてしまうこともあります。中には交渉次第で飼っても良くなることもあるようなので内緒にせずに相談してみると良いですよね。

シュレッダーとは、不要になった書類を細かく切り刻む機械です。書類を裁断する事で記された個人情報や機密を守ります。