はじめての部屋探しに役立つ!3つのポイント

1.まずは目的に合ったエリアを選ぼう

部屋探しで最初に行わなければならないのは住むエリアを決めることです。一般的な基準として、会社員や学生の場合は「通勤・通学時間が30分以内」の場所に住むのが理想的だと言われています。それに通勤・通学は毎日のことなので、移動時間はできるだけ少ないほうが何かと便利です。ただし交通アクセスの良い駅周辺などは、家賃も高くなるというマイナス面もあります。なので、交通アクセスの良さと家賃のバランスを考慮したエリア選びが必要になるでしょう。

2.自分の収入(経済力)に合った物件を探そう

不動産業界では、賃貸の家賃は、収入の3分の1程度に抑えることが理想だと言われています。つまり、生活を維持できる範囲での家賃は3分の1程度が妥当だという意味です。もちろん収入の額によって妥当な家賃の額は変わりますが、「収入の3分の1」という基準は一つの目安になります。重要なのはバランスの問題で、生活する上で無理のない家賃の額を考慮する必要があるということです。また学生の場合は、親の収入などを考慮した家賃額を検討する必要があります。

3.理想に合った物件を選ぼう

理想を言えばキリがありませんが、より快適な部屋を探すコツがいくつかあります。まずは騒音に関するもので、集合住宅の場合は、木造のものより鉄筋コンクリート造のほうが音の響きが少ないという特徴があるということを知っておくべきでしょう。そしてエアコン等の室内設備や、光回線などのインターネットインフラについても、必要に応じてチェックすべきでしょう。引っ越した後で後悔しないように、自分に必要な設備や条件などが満たされているかどうかを事前にチェックすることが重要だと言えます。

賃貸物件を管理する上で、各賃借人ごとの対応が煩雑にならないようにするシステムが、賃貸管理システムです。