パソコンの修理のコツについてお話しします

パソコンのトラブルは初期化すると直る場合が多いです

パソコンがフリーズして動かなくなった場合などは、パソコンを初期化すれば直る場合が多いです。パソコンの初期化は、自分でもできるので、修理費がかかる事もないです。初期化をするには、そのパソコンに付属しているリカバリーディスクを用意する必要があります。そして、パソコンにそのリカバリーディスクを入れて、電源を落としてブートすれば、画面に指示が出るので、その通りにすれば初期化できます。その場合は、パソコン上にあったデーターが消えてしまうので、日頃からバックアップをしておかないといけないです。

自分で直せないトラブルはメーカーに修理を依頼しよう

パソコンが動かなくなった等のトラブルの場合に、自分で直せない時は、そのパソコンのメーカーに修理を依頼すればいいです。パソコンメーカーには、サポートセンターがあるので、そこに電話をして、パソコンを送れば修理をしてくれます。ここで注意をしたいのは、パソコンメーカーでの修理は、パソコンを初期化してから修理をするので、パソコン上のデーターが全て消えてしまうと言う事です。そんな場合に備えて、日頃からパソコンのデーターは、バックアップをとって置く必要があります。

故障したパソコンのデーターを取り出したい時は

故障したパソコンに大事なデーターが入っていて、バックアップをとっていなかった場合には、メーカーに修理を依頼する前に、パソコンのデーターの復旧業者にデーターの取り出しを依頼すれば良いでしょう。パソコンのデーターの復旧業者は、高い確率で故障したパソコンから大事なデーターを復元して、他の記憶媒体に取り出してくれます。パソコンのデーターの復旧業者に依頼すれば、それなりの料金がかかりますが、その料金を支払っても、そのデーターを取り出したい時には、依頼をすれば良いでしょう。

パソコンの修理をする場合、業者に依頼するときは料金が発生します。料金の目安は、メモリー交換では1万円前後でハードディスク交換やリカバリ作業で2万5千円が相場です。