どんどん便利になる!クラウドサービスのメリット

データファイルを大量に保存できる

スマートフォンやパソコンでデータを保存していると、段々と保存容量が減ってきますし、基本的にその端末でしか閲覧できませんよね。クラウドサービスを利用すると、写真や動画、音楽ファイルを個人のストレージサーバーにたくさんアップロード出来ますので、その分スマートフォンやパソコンの容量を空けることができ、貴重なメモリを有効活用できるメリットがあります。追加料金やプロバイダーのサービスを利用しているとストレージ容量も増やせるので便利ですよね。

多人数でデータを共有できる

クラウドサービスを利用して保存した写真や動画、文書などは、閲覧権限の設定を行えば多人数で共有できることも可能です。サークルの仲間で旅行の写真を共有したり、家族や親族に閲覧権限を与えて、子どもの写真をいつでも見れるようにするなど、離れていてもリアルタイムで同じファイルを利用することが出来るので便利ですよね。簡単な設定だけで、いちいち写真を送らなくても良いので、グループで写真を共有するには最適なサービスと言えるでしょう。

複数のメディアや用途で利用できる

クラウドサービスで利用できるファイルは、画像データや動画データだけでなく、ビジネス用途でも使えるドキュメントデータや音楽ファイル、タスク管理サービスや、メール管理など、扱えるファイルはどんどん増えています。企業においてもクラウドサービスは必要不可欠となっており、同じファイルを離れた支店間で同時編集したり、画像データの修正や加工も複数人で同時に修正できるシステムなども開発されています。今後の利便性向上がますます期待できますよね。

社内でのネットワークを上手に利用したい場合には、クラウドサービスを専門業者に導入してもらうのは良い方法です。ファイル管理がよりスムーズになります。

ojt研修をやらない管理職には3タイプあります

部下に教えるべきものを持っていない上司

ojt研修をやらなければならないということは知ってはいても、教えるべきものを持っていない上司には、会社も大変困ってしまいます。せっかく希望に燃えて入社しても、教えてもらえなければ同僚からは差がついてしまうし、本人は将来が見えてこないのでやる気を失ってしまいます。部下もかわいそうですが、組織全体の立場からみても社員が育たないので困るのです。このような上司は知識や技能が足りないので、すぐにお引き取り願うしかありません。

教えると自分の地位が脅かされるのでやらない管理者

部下を育てるということは自分の地位が危なくなるので、特に厳正な能力主義をとっている企業においては、確かに問題があります。アメリカの企業ではojtをやりたがらない上司が多いのが現状です。ところが、日本の企業では、部下がある日突然自分の上司になるケースはあり得ません。仮に、あったとしても直接の上下関係が発生しないような気配りがされるものです。それでもojt研修をやらなければ、職務放棄であり、その地位から外れてもらうべきなのです。

口うるさい上司だと思われるのがいやなのでやらない

ojt研修をやらない上司のタイプで一番多いのが、何だかんだ言って口うるさい上司だと思われたくないからです。人に何かを教えるということは、手取り足取りとマンツーマン教育になります。本当に教えようと思えば、口うるさくなるのはあたりまえで、時には本気になって怒ることもあるでしょう。それが嫌なのと、そこまでして部下に時間を費やすることが面倒だと思っているのです。教えている時間だけ、自分の本来の仕事はができないのですから。

社員研修と一口に言っても、就業時間内に自社の会議室を使って数時間で行われるものや、外部施設で社外講師の話を聞くものなど、様々なスタイルがあります。

メリットがいっぱい!LEDを賢く使うポイント

省エネ効果が高いLED

LED照明に対して関心を持つ人が増えています。その理由として、省エネに最適であることが挙げられています。LEDは、従来の照明器具と比較した場合、電気代を安く抑えることができるというメリットがあります。そのために、格段に光熱費を節約することが可能ですので、LEDに交換する一般住宅やオフィスは増加しています。また、寿命が長いという特徴がありますので、頻繁に買い換える必要がない点も重宝されている理由の一つですよね。

衛生について配慮するならLED

LEDの大きな特徴は、熱を発しないという点です。このために光熱費を抑えられますし、虫が寄りつかないというメリットがあります。LEDの照明器具を灯していても、虫が近づきませんので、死骸などに悩まされることがない上に、とても衛生的です。さらに、室内だけではなく、外灯など、玄関や庭で使用する照明器具にも有効ですから、虫を遠ざけることができるために花や植木を守れます。美しい玄関や庭を保ちたいなら、LEDはぴったりですね。

さまざまな種類のLED

LEDにはたくさんの種類が見受けられ、街の店舗ばかりではなく、通信販売による購入も可能ですから、とても便利です。尚、通信販売のホームページでは、価格が明記されていますので参考になりますね。また、天井に取り付ける蛍光灯のほかに、水銀灯も販売されていますので、目的に合わせて選ぶことができます。さらに、LEDの看板を設置する店舗やオフィスが増えていますが、明るい上に長持ちしますので、宣伝効果が高く、コスト削減も実現できますね。

LED電球は長期間の使用に対応できる耐久性の高さから、一般的な電球よりも販売価格が割高な製品が多数を占めます。格安の製品の中には稀に品質が低い物が混在しているので注意が必要です。