賃貸でペットを飼うためには?借りる前に知っておきたい3つ

猫が飼える賃貸は少ない

賃貸マンションや賃貸アパートでもペット可の物件はとても沢山ありますよね。ペットブームによって多くの人が犬や猫を飼うようになっています。そのためペットを飼いたいのでペット可物件に引っ越しを考えている人も多いでしょう。しかし実際にペット可物件を探してみると、案外猫が飼える物件が少ないことに気がつくはずです。猫は犬に比べて爪とぎをする習慣があるため、壁紙などをはがしてしまうなど破損が大きいと考えられているからです。

敷金や家賃が増える事がある

犬や猫が飼えるペット可の賃貸マンションやアパートでは、ペットを飼っていない人よりも敷金や毎月支払う家賃が高くなる傾向にあります。これはペットが壁紙を剥がしたり床に傷をつけてしまう可能性がとても高いからです。そのため退去後の修繕費がかかってしまうため敷金が多めに請求されてしまうのです。中にはペットの数だけ敷金を増やすところもあるのですよ。また敷金だけではなく毎月の家賃が2,000円ほどプラスになることもあります。

ペット不可賃貸で飼った場合は?

近年のペットブームによってペット可物件の数がとても増えていますよね。しかしペット可物件の場合は家賃や敷金が多くとられてしまうことが多いため、内緒でペット不可物件で飼っている人もいるのです。もし飼ってはいけない物件でペットを飼った場合にどうなるのか不安に思う人も多いでしょう。ペットを無断で飼っていることが知られてしまった場合には最悪部屋を追い出されてしまうこともあります。中には交渉次第で飼っても良くなることもあるようなので内緒にせずに相談してみると良いですよね。

シュレッダーとは、不要になった書類を細かく切り刻む機械です。書類を裁断する事で記された個人情報や機密を守ります。

大金を扱う企業は注意!ネットワーク監視で顧客を守りましょう

貴金属を扱う質屋などはネットワーク監視を徹底する

大手企業が扱うネットワークほど強固なセキュリティがある訳でもないが、大手企業にも負けないぐらい一度の取引の金額が大きな事業者も居るものです。特に質屋などは一度の取引金額が大きなものですから、そこに集まる顧客の個人情報を求めるネットワーク犯罪者も珍しくありません。だからこそ質屋などがネットワーク運営をする時には、顧客の情報を狙われる立場なのだという事を意識して、早期にネットワーク監視を始める様にしましょう。

ハウスメーカーが扱う情報も狙われています

高級住宅を扱っているハウスメーカーは、その住宅を購入していかれる顧客が金持ちばかりだという点に注意しなければいけません。富裕層の個人情報はいつでも狙われているものであり、特に住所などの情報を空き巣に販売している業者まで居ます。高級住宅を販売しているハウスメーカーなどは特にネットワーク攻撃を受けやすいものであり、社内ネットワークから情報を盗み出そうとする人間も多いです。ネットワーク監視の重要性を意識して、顧客の情報を守る様にしましょう。

警備会社も顧客の情報を盗まれない様に注意を

住宅の警備などを行う企業であったとしても、ネットワーク関係の防御まで完璧とは限りません。どういった顧客と契約をしているのかという情報を求められているだけでなく、警備が行われる時間帯の情報まで盗もうとする人間が居るのです。それによって警備の穴を見付け出して、空き巣のサポートを行うという事も有り得ます。住宅の警備と同じぐらい、ネットワークの警備にも力を入れる為に、ネットワークの監視システムを導入しておきましょう。

安全に稼動をさせる為にはネットのトラフィックの使用を可視化出来るフロー監視のツールが最適だといえます。

ネットワーク監視は24時間体制で!常に人の目で監視している

ネットワークは人為的働きが必要である理由

インターネットを利用するためには、様々な機器が必要ですが、全て機械のみで行っている訳ではありません。ネットワークは、365日、24時間体制で監視され、その監視は人の目で行っています。特に、サーバーを提供している企業は、必ず、ネットワーク監視者がいます。実際にサーバーを利用する業者は、その内容は様々であり、一時的に利用できないトラブルが生じれば、大きな損害を被ってしまう可能性がある事も理由にあります。利用を他社のサーバーに移ってしまうリスクもありますよね。

ネットワーク監視者の仕事内容とは

ネットワーク監視者とシステムエンジニアを混同される人もいますが、ネットワークを監視するのは、ネットワークエンジニアです。ネットワークエンジニアの仕事は、機器の接続、監視と保守が主な仕事であり、ソフトと呼ばれるプログラムには携わりません。トラブルが生じた場合は、マニュアルに沿って処理をする方法と、システムエンジニアに連絡を行ない対応する方法があります。この判断が誤れば、大きな損害が発生するため、快適なインターネットをユーザーに提供する意味で言えば、心臓の働きを監視する大切な仕事内容と言えますね。

ネットワークエンジニアになるためには

ネットワークエンジニアが行う仕事には、資格は必要ありません。ただし、資格は安心と、信頼を与える物であり、サーバーを提供する企業も、実際にサーバーを利用する企業も求める内容です。大切な資格は二つあり、一つは、ネットワークスペシャリストと呼ばれる国家資格、もう一つは、シスコ技術者認定試験と呼ばれている資格です。後者の資格は、シスコ社と呼ばれるネットワーク機器を製造しているメーカーが行っている内容です、多くの企業がシスコ社の機器を扱っているため、大切な資格の一つになります。企業に入ってから学ぶ事も可能ですが、就職前の学生であれば、学生時代に取得しておく事が大切と言えるでしょう。

ネットワーク監視は重要な仕事で、ネットワークに異常があった場合にはすぐに対応する事が出来るようにします。